どっちが安い?簡単計算ツール★商品を単位あたりいくらになるか商品の値段と量を入力すると単価計算してどちらが安いか自動で比較します

容量や個数が違う商品の場合、どちらがお得なのか迷うことがあると思います。
そこで、単位あたりの比較計算ができる仕組みを作ってみました。電卓をたたいてメモして…は、不要です!
よかったらこのページをお気に入りに入れて、好きな時にお使いください!
今後、カスタマイズしていく予定なので、ご意見があればお気軽に送ってください。
ページ下部のフォームから送信できます。名前やメルアドの記入は不要なので、お気軽にどうぞ。スパムや嫌がらせなどはご遠慮ください。

    比較したい商品の容量、価格を入力してください。
    *は必須項目です。単位は入力しなくても大丈夫です。

  • 【商品A】
  • 容量*:
  • 単位 :
  • 価格*:
  • 【商品B】
  • 容量*:
  • 価格*:




*今後カスタマイズしたいなという独り言・頂いた要望*(実装するかできるかどうかは別問題…)
・商品を3つ以上比較したい
→おむつ買うときに、メーカーごとに比較して…っていう単価計算がめんどくさい!(笑)という非常に個人的な要望。
・セール価格での比較
→20%引きのこっちの商品と、40%引きのこっちの商品、どっちがお得!?みたいな時に使えれば…。
・アプリで使いたい
→まずアプリの作り方の勉強から始めないとですが、スマホアプリ興味があるので作ってみたいですね。
・保存できるようにしてほしい
→スマホのアプリができれば実現可能ですが…作り方の勉強からですね。
 または、WEBでプログラムを組めばPCでもスマホでも共通で使えるため、検討中です。そういった需要はあるのでしょうか…?


     

    ※あくまでこのツールは自分が気軽に単位比較したい!という気持ちで作ったものです。
    プログラム練習に作成したものなので、今後改良していく予定です。

    以下、補足です。

    そもそも単位比較とは?

    例えば、同じ製品の場合はAの店では300円、Bの店では350円という場合にはどちらが安いかすぐにわかると思います。
    しかし、容量が異なる場合にはどうでしょうか。
    ある商品の詰め替えが320mlで550円と720mlで1200円の商品、すぐにどちらが安いかわかりますか?
    こういったときには単位あたり(この場合は1mlあたり)の値段でどちらが安いか比較をします。

    計算式と単位あたりの比較方法

    小学生でもできる計算です。

    計算式は 値段 ÷ 容量 です。

    先ほどの例でいうと、

    320ml、550円の商品は 550 ÷ 320 =  1.71875(1mlあたりの値段)

    720ml、1200円の商品は 1200 ÷ 720 =  1.666…(1mlあたりの値段)

    つまり、720ml、1200円の商品のほうが安いことがわかります。

    同じ商品じゃなくても、例えばオムツを買いたいけど、メーカーにこだわりがなく、一番安いメーカーのオムツを買いたい!という場合も、値段÷枚数で比較すれば1枚当たりの値段が出るので、その値段を比較して一番安いオムツを選ぶことができます。
    ぜひ、私と同じことでめんどくささを感じている人はぜひお使いください!